メルカリに誘導され超高額な情報商材(詐欺ツール)を買わせる詐欺師の事案発生!

メルカリに誘導され超高額な情報商材(詐欺ツール)を買わせる詐欺師の事案発生!

メルカリで詐欺情報商材の販売

メルカリで情報商材を販売?
その実態を徹底的に暴いていく!

今日は新しい情報商材を購入させるやり方が横行しているから皆への注意喚起だ。
2020年に入り、情報商材の詐欺ツールの販売方法は巧妙化している。

今日はその中でもメルカリを使って詐欺情報商材のツールを販売している詐欺の手口を紹介したい。

Twitterやインスタグラムを使いあなたに近づき、仲良くなり、「確実にあなたを儲からせる!」と信用させて情報商材(詐欺ツール)を買わせる方法だ。

そしてその商品の購入にはメルカリが利用されている。

メルカリで情報商材(詐欺ツール)を売るのは犯罪!犯人のやり方として説明していく!

情報商材(詐欺ツール)をメルカリで買わせる犯人の手順

メルカリを使って情報商材(詐欺ツール)を販売する犯人の手順を紹介していく。

犯人はTwitterやインスタグラムなどSNSで近づいてくる。SNSでいきなりメッセージを送ってくる所が入り口だ。

メルカリを使って情報商材(詐欺ツール)を販売する入り口

見ての通り、SNSを通じて甘い言葉で近づいてくる。

メルカリを使って情報商材(詐欺ツール)を販売する入り口

  • フォローありがとうございます。こちらのアカウントでは定期的にプレゼント企画をやっております。
  • 最近使用している自動化ツールを紹介しますね。
  • こちらのLINEも追加お願します。
  • はじめまして。いきなりのメッセージ申し訳ありません。

などといろいろな事を言って言って近づいてくる。

その後はあなたに有益な情報を教えますという名の押し売りの連発!いや詐欺の押し売りだ。
私もめちゃくちゃ儲かっているからあなたも使ってみない?なんて話がくるようになる。

私もお金儲かりたいから欲しいんだけどと伝えると待ってましたとばかりにメルカリで30万円の商品を購入するように迫られる。
購入が完了したら情報商材(詐欺ツール)を送るという手順だ。

今までは情報商材(詐欺ツール)の販売しているWebサイトへの誘導をしていたのに、今はメルカリに誘導している。

ではなんで犯人は情報商材(詐欺ツール)をメルカリで購入させるのかを皆に伝えていく。

犯人はなぜ情報商材の購入を「メルカリ」でさせるのか?

2020年の今、情報商材はおわば「オワコン」だ!情報商材は全て悪質だと世の中が認知している。

100%確実に儲かります!というような詐欺情報商材(詐欺ツール)は犯罪だという事で逮捕者も続出している。

「松宮義仁」の「フリーダムライフクラブ」

上の画像は実際に詐欺情報商材を購入させるために、ユーザーを煽っているメッセージだ。

「必ず成功できます」と言っているが必ず成功できないし誰も儲からないのが高額の情報商材(詐欺ツール)だ。

こんな加工されたありえないハゲの画像にダマされる人はもはやいないだろう!

クレジット決済代行会社も情報商材(詐欺ツール)の販売の扱いをしなくなってきている。

となると犯人は情報商材(詐欺ツール)を販売してもお金に変える事が出来ないという事になる。

その時に犯人が目を付けたのが「メルカリ」なのだ。

メルカルは言わずと知れたフリーマーケットの巨大アプリ。
メルカリには、本当にいろいろな物が出品されている。新品の家電から新品のブランド品から車まで取り扱っている。
価格は数百円~数十万円、数百万円まである。

情報商材(詐欺ツール)の販売者は適当なブランド品の画像をネットで仕入れてきたり、パソコンを購入していると見せかけてお金をダマし取るという手段が横行している。

メルカリ運営者に不自然じゃないようにお金をダマし取ろうとしているのだ。

犯人は何かと理由を付けてメルカリで出品している理由を言ってくるだろう。それもあなたをダマすためのウソだ。
特別なツールだからメルカリでしか販売できないなどとウソを言っているのだろう。

犯人はメルカリならバレずにお金をダマし取れると思っているに過ぎないのだ…。

メルカリは売れた商品の販売手数料10%を払えば誰でも出品ができる。
50万円の情報商材(詐欺ツール)をメルカリで販売できれば45万円が犯人の元に渡る事になる…。

この事に本当に気付いてもらいたい!

情報商材(詐欺ツール)を「メルカリ」での購入は詐欺だと気づいてほしい!

そもそもTwitterやインスタグラム、その他SNSで近づいてきて、あなたにいきなりお金儲けの話を持ち掛けれる時点で怪しいし詐欺丸出しだ。
このような儲け話には100%怪しい物しかない。

あまり人を信用してはダメ!疑ってかからなければダメだ!世の中には悪い人たちがたくさんいる。

今もたくさんの人が、どうやったらみんなを騙せるか?そんな事ばかり考えている人達がたくさんいるという事をわかってほしい。

仮にメルカリで情報商材(詐欺ツール)を購入してしまった人はまずダマされたお金の返金に動いてほしい!

メルカリでクレジットカードで情報商材(詐欺ツール)を購入した人はメルペイというクレジットカード決済会社を経由しての請求になっているはずだ。

2018年6月に割賦販売法が改正され、クレジットカード決済は返金されやすくなっている!

割賦販売法ってわからないよね?

簡単に説明すると、悪質な勧誘などを行っている販売店を加盟店にして、クレジットカード決済を提供し悪質商法を助長するのは良くないという事で2018年6月に法律が改正されたのだ。
消費者の支払能力を超えるクレジットカード決済を提供して、多重債務に陥るきっかけをつくる。このようなことを防ぐため、クレジットカード決済に関する法律(割賦販売法)が、特定商取引法とともに、改正されたのだ。

ようするにクレジットカード決済を提供する会社への締め付けが厳しくなったら返金されやすい!そう捉えてもいいだろう!

これはメルカリ(メルペイ)にも適応できるだろう!

情報商材(詐欺ツール)にダマされたあなたが悪いのもあるけど、このような情報商材(詐欺ツール)を提供したメルカリやメルペイ側にも落ち度はあるのではないだろうか?
少なくともメルカリは詐欺を手助けしてる事で利益を得ているわけだけらね。

情報商材(詐欺ツール)を購入してしまった人はいち早く返金に動いてもらいたい。
まずはそのお金を返してもらう事がすべてだ!その為には詐欺に強い弁護士に相談するのも一つの方法だ。

>詐欺に強い弁護士への相談はココから

情報商材詐欺の手口カテゴリの最新記事