【情報商材の返金】集団訴訟より個別に弁護士に依頼する方が良い理由

【情報商材の返金】集団訴訟より個別に弁護士に依頼する方が良い理由

悪質情報商材の返金

集団訴訟は全員で一つ!
個人よりも集団が尊重される
集団訴訟のメリットとデメリットを解説

悪質な情報商材に騙された人達は現在もたくさん存在しているし、被害者は後を絶たない。
簡単に儲かる、誰でも儲かる!という宣伝で高額な情報商材を購入させる超悪質な手口。その中身は到底儲かる事ができないゴミのような情報。
そりゃ購入者は皆怒るでしょ。このような情報商材はとにかく高額だ!基本30万円をベースに、VIPコースや特別コースで更に50万円、100万円と騙されてしまう。
そして最近、その悪質な情報商材騙された人達が集団で訴訟を起こしませんか?という被害者の募集や、集団訴訟を前提に被害者を募るWebサイトも多数存在している。

管理人は果たして集団訴訟するのが本当に一番良いのだろうか?と疑問を抱いてします。
個別に弁護士に依頼した方が、返金される可能性は高いんじゃないかと管理人は思っている。

今日は悪質情報商材の返金に対して、集団訴訟がいいのか、個別訴訟がいいのか。メリット、デメリット含め解説していこうと思う!

個別でサクッと返金を勝ち取った方が良いと思うのが管理人の見解だ!

情報商材運営者への集団訴訟のメリット(良い事)

集団訴訟とは、被害者複数人で一致団結して、情報商材運営者を訴えるという手法。
この場合のメリットについて話していこう!メリットの中に管理人の見解も交えて説明していく。

メリット①:詐欺の証拠を共有できる

複数の人の証拠を共有して、悪質情報商材の詐欺の証拠を提出できるのはメリットだろう。
詐欺の証拠を共有できるという点は、複雑な事件の場合。悪質情報商材の詐欺の証拠は共有しなくても明白な場合が多い。

管理人の見解:個別で相談する情報商材の返金に強い弁護士は情報商材の返金のプロだ。全てを把握している。詐欺の証拠を集めなくても容易に返金は可能だと思う。

メリット②:一人の費用負担を軽減できる

集団訴訟のメリットの一つとして、訴訟に発生する費用の一人当たりの負担を軽減する事ができる点だ。
しかし過去に起きてきた集団訴訟は国を相手にしたものや、工場の公害問題など世間を騒がせるものが多い。
その費用は莫大なものになるだろう。

管理人の見解:当サイトを運営している中で情報商材の返金に強い弁護士を知ることができた。
初期費用や着手金は無料。返金された金額によって費用がかかる。被害者にとってはリスクはないと思う。

管理人が知っている弁護士事務所は情報商材詐欺での実績が十分にある!

そして相談料も無料、初期費用も無料だ!

詐欺情報商材の返金

メリット③:目立つ事で社会的制裁を与える事ができる

集団訴訟はとにかく目立つ。集団訴訟はなかなか起きるものではない。
よほどの事件なのだろう!とニュースでも取り上げられる事もあるだろう。
情報商材運営者に対して、社会的制裁を与えたいのであれば集団訴訟も有効だろう。
返金では納得いかない!逮捕されてほしい!こらしめたい!と望んでいる人達には集団訴訟が良いだろう。

管理人の見解:管理人は返金だけを望むのであれば集団訴訟じゃなくてもいいんじゃない?と思う。社会的制裁(逮捕)されるより騙されたお金が返ってきた方が嬉しいでしょ?

情報商材運営者への集団訴訟のデメリット(悪い事)

集団訴訟にはデメリットも存在している。そのデメリットを説明していく

デメリット①:解決までに時間がかかる

集団訴訟は解決するまでに時間がかかる!集団という事は複数の人達で情報商材運営者を訴えていることになる。
その一人一人が納得する形で解決するとなると時間がかかってしまうのだ。

ササっと返金したいのに、集団訴訟と言う大問題にした結果、解決までに時間がかかるという問題が発生する

デメリット②:和解しても返金されるお金が分配されて取り分が少ない!

悪質情報商材運営者に対して集団訴訟をして和解が成立したとしよう。
和解が成立しても、返金される金額が「え?これっぽっち」となる事は容易に想像できる。
悪質情報商材の運営者への集団訴訟に勝訴したとしても、手元に帰ってくるお金はかなり少ないというのが現実だ。

管理人の見解:集団訴訟をしなくても悪質情報商材のやり口を全て把握している弁護士に個別で依頼した方が返金される金額は大きいと思う。そこは自分が騙されたお金を返金する為に動いても良いんじゃないかな?

情報商材運営者への個別訴訟のメリット(良い)

では悪質情報商材に騙さられた人の個別訴訟のメリットを解説していく。
集団訴訟は物事を大きくしすぎている!返金を勝ち取るのであれば個別訴訟が一番だ。
初期費用もないし、被害者の金銭的ダメージはゼロに等しい。

メリット①:個人の返金の為に動いてくれる!

集団訴訟とは違い、あなた個人の返金の為に動いてくれる。
集団訴訟とは違い、あなた個人の返金の為に動いてくれるのは大きなメリットだろう。

メリット②:初期費用もなく戻ってくる金額が多い!

悪質情報商材への返金で集団訴訟となると弁護士の費用も大きくなる。
しかし個別訴訟だと融通は利くし、初期費用のなく費用がかからず着手してくれる方が安心できる。
何より、集団訴訟よりも、個別訴訟の方が手元に返ってくるお金の額が大きいのもメリットだろう。

メリット③:解決までの時間が短い。

集団訴訟は解決までに時間がかかる。集団がゆえに時間がかかってしまう。
しかし個別訴訟だと判断は、個人で決められるから短い時間で解決ができる!
時間をかけずにサクッと返金を勝ち取った方が騙された人にとっては一番良いんじゃないかな。

悪質情報商材の返金はスピードも大切。手っ取り早く返金を勝ち取る事に悪い事はない。

情報商材運営者への個別訴訟のデメリット(悪い事)

特になし!

管理人は、悪質情報商材への集団訴訟はやりすぎだと思う。
お金を帰してほしい!と言う人であれば返金のプロの弁護士に個別で依頼した方が絶対に良いと思うんだよね。

そこは自分の事だけ考えてもよいんじゃないかなとも思っている。

そして弁護士に依頼するっていうのはハードルが高いと思う。。
でも弁護士に依頼するって思っているよりも簡単な事。依頼して良かった!と思えるはずだ。

悪質情報商材に騙された人で返金を勝ち取りたい人は個別の訴訟でサクッと返金する事をオススメする。

詐欺情報商材で騙された人は返金のプロに任せるのが最強の方法だ!

常陽商材の返金は個別にのプロである弁護士に相談するのが手段の一つだ!
管理人が知っている弁護士事務所は情報商材詐欺での実績が十分にある!

詐欺情報商材の返金

そして相談料も無料、初期費用も無料。

詐欺情報商材の返金

情報商材での詐欺被害者の懐事情も考えた上で返金のプロの弁護士が相談に乗ってくれ、返金の動いてくれる。

自分で動くよりも楽だし、何より返金の成功率が高いのも特徴だ。

情報商材詐欺の被害者は弁護士に頼むのが安くて早くて安心なのは間違いないと思う!

情報商材の返金カテゴリの最新記事